秋空日記

気まぐれに更新していきます。

半年前に過ごしていた土地へ

転職してから早くも半年が経とうとしています。

半年前はここがどれだけ辛かったのか。

そしてどんな気持ちで新地に向かったのか。

再度思い出すことができそうです。

昨日までずっと怒られっぱなしでしょんぼりしてたので、気分転換のブログを書きました。

f:id:Piroppi:20180327174107j:image

半年前は?

仕事に明け暮れ、朝は早く帰りは深夜。

本当に辛くてきつかった。

今も辛い気持ちは変わりませんが、それでもあのときほどの苦しみはなかったのではないかと思う次第です。

帰っても基本ご飯を食べて寝て、朝起きたら会社。

家はご飯と寝るためだけの存在でした。

妻としても会話が無く、携帯だけ触って寝る私の姿にはうんざりしていたとはっきり伝えてくれました。

実際に来てみて感じたこと

そのときは辛い思いだけでいいことなんて思い浮かんだことすらありませんでした。

気持ちの整理や楽しいこと、嬉しくてちょっとした記録のために始めたブログ…。

また、そこで得た生活習慣や土地柄なんてのも実際は大事な財産として今も私の中で存在してるんだと実感してます。

いつも避けてた土地だったけど来てみるとなんてないいつも通りの街並みでした。

それでもいろんなものが頭に浮かんできました。

辛いときには再度来てみようかな…

そう思えました。

そのときの辛さがバネになるなんてのはなかなか難しいです。

なにせ辛いときほど周りが見えないんですから。

そういった意味で仕事で思い老けてた自分を再度見つめ直すことができました。

辛い思い出を思い出すことで

頑張ろうなんて綺麗事は言えませんが、『あのときよりマシだ』とはっきり言えます。

むしろそう思った時点で前向きに感じれただけプラスに働いているのでしょうw

本当に来てよかったと思います。

妻はというと?

うちの奥さんは楽しかった思い出も多々あるみたいでした。

近くには文具屋やスーパー、コンビニもありましたし生活には何不自由なく暮らせていたので。

ただし、私の帰りが遅かったことで会話が無かった日々も同時にあったので寂しい思いをさせていたのでしょう。

夫婦としてのことを考えることも同時にすることができました。

妻からは『過去を考えるより今が幸せと思うようにしてる』と。

やはり女は強いです。

くよくよしないサバサバな妻には相変わらず勝てなさそうw

最後に

なんかしょんぼりしてたので愚痴のでブログになっちゃいましたね。

でもこういうの含めて吐き出せるのもブログになるし、まぁいいのかな…?

読者の方も仕事や学校で辛いときにこんな気分転換もありますので参考にしてもらえればと思います。

あ、今日3月27日は桜が満開かのように咲いておりました。

f:id:Piroppi:20180327174454j:image

禁煙一週間

禁煙を始めて一週間が経ちました。

ここまでの禁煙の記録をつけておきます。

 

1日目

どこか口が寂しい気がする。
ミンティアを会社に持っていったのだが1日で食べ終わってしまった。
職場ではタバコを吸わないときつい…なんてことはなかった
帰宅後、妻がタバコを吸っているため心が揺れるも我慢。
口が寂しいため近くのお菓子を貪る。

 

2日目

寝起きは特に前日と変わり無し。
いつもと違い朝食を食べて会社に向かう。
仕事が忙しいということも重なって休憩無し。
しかしながら、仮に休憩をしたとしたらその時間はどうすべきなのか不明だ。
タバコのために時間を作っていたと思うと特に昼休み以外は休憩しなくてもいいのかもしれない。
帰宅後、妻もこの日が最後の喫煙のようだった。
最後の一服はあっけなかったらしい。
私は相変わらず口が寂しいため何かしらを貪る。

 

3日目

寝起きは本当に変わりなし。

本当に前日と変わらず全体的に変わりなし。

お腹が空いた以外でも口が寂しく思う

相変わらず私は何かしらを貪る。

 

4日目、5日目、6日目

3日目同様に何も変わりなし。

3日目同様に何かしらを貪る。

 

一週間を通して

未だに周りでタバコを吸われるとつられて吸いたくなりますが、我慢している状態です。

タバコを吸わないとイライラするという症状は特に出ていませんが、本当に自分自身との戦いでしかありません。

一週間を乗り越えれば一ヶ月とか言われていますが、実際そんなことありません。

タバコを一度でも幸福に感じたことがある人は絶対と言っていいほど誘惑に惑わされます。

とは言ったものの禁煙した未来はきっと明るいと思いつつ頑張るしかありません。

国の有料財源でジリ貧にならないよう今後も禁煙がんばります…。

今日から禁煙

2018年となり、私のこのブログも1月22日で一年が経ちました。
早いようで長かったような…。
去年は何から何まで忙しくて大変でした。そう考えるとリア充でした(ぇ
さて、タイトルにあるようにタバコを辞めます
2018年1月28日をもって本当にさよならします。

 

f:id:Piroppi:20180128203737j:image

 

タバコを辞める理由

単にお金が無いwww
本当にそれだけ。タバコにお金を費やする余裕が無いので辞めます。
ちなみに私はアイコスを愛用しているのですが、今後加熱式タバコも増税の見通しが立ってますのでさらに値上がりするだろうと思うので、その前にはもう辞めてしまおうという理由です。

 

紙巻タバコ→アイコスを経て…

f:id:Piroppi:20180128205435j:image

▲アイコスってめちゃくちゃ手入れがめんどくさいし、重いし、充電するの忘れて吸えないという辛さ。
そして、加熱式タバコにして一番辛いことが同じタバコであるため喫煙所は紙巻タバコと同じ空間で吸わなくてはならないということ。
煙が出ない新時代のタバコだろうが結局紙巻タバコの方が圧倒的に多いわけです。
そんな中喫煙所の中でわざわざタールをカットしたアイコスを吸って、紙巻タバコによる煙で受動喫煙して…結局タールを吸うわけで…。
正直、意味が無い…。

 

タバコを辞めると

460円/日がタバコのランニングコスト
つまり…
一ヶ月あたり
460円×30日=13,800円
年間あたり
13,800円×12ヶ月=165,600円
高いですね…。
年間16万ですよ??
もうね…お金が…。
これなら遊びに行った方が絶対にいい!!
国内旅行でも2人で3泊4日くらいは楽しめる金額になります。

 

まとめ

タバコを辞める目的がお金ということが一番の理由ですが、理由なんてなんでもいいわけで。
今後辞めたことによる経過報告をしていこうと考えております。
ちなみに過去禁煙を頑張ってみて続いて1週間です。

こういうこと言うやつって大概禁煙できないんだよな。

しかし、そう思われてもおかしくない。なにせ何回も失敗してるので。
とはいって真剣に禁煙します。
ということで次の更新は一週間あたりを目処に考えています。

 

※ちなみにアイコス愛煙家の悪口ではないので悪しからず。

abrAsus 小さい財布

ここ最近本当に寒いです。

服も着込む季節ですし、持ち物は何かと減らしたい私です。

とは言いつつもボディバッグは基本的に持ち歩くので小さい財布はいらないのでは…なんてことも思われますが…。

 

さて、もう数年も前から話題になっていた財布を購入したのでレビューしたいと思います。

 

開封の儀

f:id:Piroppi:20180114124040j:image

高級感を漂わせる黒い化粧箱からは説明書から先に顔を出し、説明書をめくるとステッカーが入ってました。

f:id:Piroppi:20180115170611j:image

丁寧に包装されていて高級感がさらに増します。

ここまでくればなんとなくお分かりとは思いますがダンボーの小さい財布です。

f:id:Piroppi:20180115170645j:image

色は女性用の可愛らしいものもあります!

ダンボーをきっかけにこの財布を知ったのですが小さくて本当に可愛い。

休日の休みにはこの財布をメイン活用の予定です。

 

問題の中身は?

お金はあまり入ってません…。

じゃなくて…もともと小銭はなるべく使うタイプでしたので小銭については特に問題は無し。

f:id:Piroppi:20180115174952j:image

▲10〜20枚入るみたいです。

お札もそんなにたくさん持ち歩かないので特別問題無し。

f:id:Piroppi:20180115175009j:image

▲お札は10枚収まるそうです。

全部千円札wwという煽りはやめて…。

この辺りはお小遣い制の私には全く問題無し(基本的にお金を持ってません…)。

一番の問題はカード類です。

この財布は4〜5枚までしか入りません。

ということで持ち歩くカードを厳選した結果

  1. 免許証
  2. 保険証
  3. Tポイントカード
  4. イオンセレクトカード

この4枚に落ち着きました。

クレカはイオンによく行くのでイオンセレクトカードで十分。

ポイントカードは基本Tポイントカードあればなんとかなるので大丈夫。

ポイントカードを多めに持つ人にはオススメできないかもしれません。

もしくはカードケースを別に持ち歩けば解決できます。

 

実際の使用感

とても小さくて手軽に持ち歩けます。

ポケットに入れてもストレスフリー。

何より楽なのは小銭を出すとき。

小銭ケースを出すより楽な気がしてなりません。

さっと小銭を見ることもできれば取り出しも楽。

あと、お札を出すときはなんか引っかかったように思うのは私だけでしょうか…?

丸めて収納するため抵抗ができるのかな?

f:id:Piroppi:20180115175918j:image

▲くるんと丸まったようになります。

きっと慣れれば問題ないはずです。

 

まとめ

買って正解。

まず、バッグからの取り出しが簡易的になりスペースが増えた分ペットボトルの収納やモバイルバッテリーの取り出しがスムーズになりました。

小さい財布のメリットはまず小さいことですので。

次に使い勝手ですが、小銭の出し入れがスムーズ。個人的にお気に入りポイントです。

長財布のチャックを開ける作業がないため短時間で済みます。

f:id:Piroppi:20180115175129j:image

▲また、カードの出し入れもこれまたスムーズ。

ほぼほぼカードをメインで使う人にはこの財布は持ってこいでしょう。

ボタンを開けばすぐにカードが出てくるのでクレカ払いもスムーズ。

というかもう何もかもスムーズ。

収納よりも持ち物が小さくなるのは何よりも楽で便利です。本当に買ってよかった。

今後一年後の使用、三年後…と記事にして行く予定です。

ちなみにデメリットですが、特に思いつきませんでした。

革製品なので手入れに手間がかかるといったことがデメリットと言えばそうですが、その分一生ものの財布です。

小さい財布を検討の方に参考になれば幸いです。

転職活動

これまた久しぶりの更新です。

転職活動って本当に大変ですよね。

簡単ながらも転職活動について記入していきます。

 

必要な物

  1. 履歴書
  2. A5〜A4が入る白地の封筒
  3. ボールペン
  4. 手帳
  5. スーツ(リクルートでなく良し、可能なら普段使っているカジュアルでないもの)
  6. ワイシャツ(白が良し、なければ目立たない白地のもの)
  7. バッグ(普段使用しているもの、リュックやカジュアルでないもの)
  8. PC or スマホ

 

だいたい思いつくものでこれくらいでしょうか。

細かく書きましたがこれだけあればなんとかなります。

 

最初にすべきこと

  1. 転職サイトに登録
  2. 家族との相談
  3. 転職希望先の口コミサイトの事前確認

 

これはどれも大事。

転職サイトの登録は早かろうが遅かろうが問題は無いです。

ただ、すごい電話とメールの量です。

おすすめのサイトは個人的にDODAですが、調べてみてもだいたいリクナビとかマイナビとか…です。

あとは家族との相談。

これは本当に大事。

お金のこととか住むとことか…。

ここが疎かになると離婚にも発展します。

あとは転職希望先の口コミを必ず確認しましょう。

これは受けるつもりであれば絶対です。

ここが抜ければもう転職活動失敗といっても過言じゃないです。

転職サイトは絶対に転職先の悪口なんて言いませんのできちんとここは抑えましょう。

口コミサイト
https://www.vorkers.com
▲Vorkers
https://jobtalk.jp
▲転職会議

 

転職サイト

自己紹介や自己PRはきちんと記入しておきましょう。

また、職歴も可能な限り書きましょう。

これは書ける範囲でいいと思います。

その他記入できるところはできるだけ記入。

転職エージェントにはいつ頃から転職活動をするのか、どのような職種を希望かと聞かれるのできちんと対応してください。

ここで対応しないと後々の転職活動の支援が減るといっても過言ではないです。

 

時間があれば…

面接対応の内容の作成やSPIの学習をまめにしてください。

なるべく切り詰めたことにはなりますが、後々のご自身のためです。

 http://saisokuspi.com

▲SPI学習サイト

かなりお世話になりました。

 

転職活動開始

ここからが転職サイトとの戦いです。

必ずと言っていいほど、『ここはどうでしょう?』『いつなら面接可能ですか?』と聞いてきます。

はっきり言ってそんな簡単に休み取れねーよ。ふざけんなよ!!

可能な限り受けるところは厳選しましょう。

何せ社会人であれば休みを取ることもままならないでしょうから。

基本的に企業は平日昼頃にに面接を行いますので、有給をなんとか使って…ということになりますが、プロジェクト次第になってしまうということもありますのでスケジュール管理が必要となってきます。

 

スーツやシャツ、バッグ

私は第二新卒枠だったので、リクルートスーツで行きましたが、営業の方であればいつものスーツに白シャツで問題無いと思います。

ネクタイは派手で無い地味なものを着用。

バッグも普段のもので。

 f:id:Piroppi:20171209112914j:image

▲私のバッグはこれです。

リヒトラブの大きめのバッグ。

正直きちんと自立するものがいいんでしょうが、問題は無いと思います。

 

面接事前練習

これも大事。

就活を経験した人はきちんとここも抑えていたはずですが、体と脳は忘れてます。

扉の開け方や座り方、普段どこでもできるので一日五分ほどやるだけで変わります。

あとは発声練習。

あまり大きな声を出さなくていいので、名前や生年月日など簡単なものから練習していきましょう。

 

面接

面接は試験ではありますが、あなたのことを知りたいからどこか必ず会話を設けます。

緊張はするでしょうが、ありのままの姿を見せる方が印象は良くなるはずです。

取り繕っている姿はバレます。

何よりも自信を持ってください。

転職ということは一度社会に出ているのですから、社会を知っているはずです。

上司からの圧迫しかりパワハラしかり…経験してるはずですから、そんなときよりも全然楽です。

 

最後に…

私も無事転職活動を終了しましたが、何よりも大事なことは今よりも良い環境に進むことです。

それを頭に入れておけばきっと成功します。

それまでの下準備は大変ですが、それだけの価値があるかと思います。

たったの一回の転職経験でしたが、良い経験になりました。

それと、私は上記の内容をきちんとこなせてませんw

そういった意味で上の内容はこれだけしておけば完璧かなと思っています。

いろんな転職サイトを見てきましたが、基本的に内容は一緒です。

仕事をしながらの転職活動は本当に厳しいとは思いますが、毎日こなしていけばきっと成功します。

この内容が誰かの役に立てたら嬉しく思います…。

 

※サイトリンクによる紹介料は発生しないので安心してご利用ください。

熊本旅行記 最終 『こうの湯』

心の中)記事書く記事書くとかいってどんだけ引き延ばしとんねん!!

私)うん、いや、本当に忙しくて…。

嫁)有言不実行とはこのこと? 

私ですね、結婚式だとか、転職先でいろいろとありまして、本当に心に余裕がありませんでした。

かと言ってお金の余裕もありません。

記事書いたのいつぶりだろうとすら思えます…。

旅行記って事細かに書くよりざっくり書いたが一番なのかもしれないですね…。

 

熊本旅行 こうの湯

前回が朝食までの内容でしたので、その続きになります。

チェックインまで時間がありましたので、足湯でゆっくりしてました。

そんなに長距離運転してはいませんが、足のむくみやはりの解消になりそう。

 

f:id:Piroppi:20171120155209j:image

▲玄関近くにある足湯 

f:id:Piroppi:20171120153413j:image

▲『こうの湯』玄関

最終日は黒川温泉『こうの湯』にいってきました。

メゾネットタイプの温泉宿です。

二階建ての建物に家族風呂がセットになっています。

f:id:Piroppi:20171120192257j:image

▲落ち着いたでどこか懐かしい雰囲気

家族湯は緑を眺めながら広々とした開放的な露天風呂。

 天然掛け流しのお風呂で、ぬくぬく温まります。

f:id:Piroppi:20171120154830j:image

▲見晴らしが本当に素晴らしい

一人で温泉に入っているときって時間を忘れて一時間くらいのんびりしてます。

仕事の疲れも何もかも忘れられたらなんてこと思いながら過ごしてました…。

そんなこんなで夕方くらいになって18時半ごろに夕食。

ここの料理も絶品です。

私は生の魚介類が苦手ですので、ステーキのコースに。 

f:id:Piroppi:20171120162601j:image

▲もう前菜から豪華

刺身は馬刺しになります。

馬刺しというところが熊本独特です。

たてがみと赤身を一緒に食べるのがおすすめです!

f:id:Piroppi:20171120163315j:image

▲山芋の茶碗蒸し

山芋というところが珍しいです。

しっとりしていて出汁のあんに絡んで美味。

日本独自の濃い味では無く本来の味で魅了してくれます。

f:id:Piroppi:20171120163332j:image

▲鮎の塩焼き

生の魚介類は苦手なんですが、焼いてあるものは好きです。

特に鮎の塩焼きは大好き。

しっぽの塩を好みの量付けていただきます。

臭みも全く無く、食べやすいです。

腹わたが取ってあるというのは誰でも食べれるようにかなと。

腹わたを食べれるようになると大人とか私の親父は言ってました。

 

f:id:Piroppi:20171120163430j:image

▲メニューの目玉

お待ちかねのステーキです。

きめ細かいお肉です。

もうね、食べ放題の肉とは訳が違う。

こういうお肉をいただくとだいたいお腹壊します。

f:id:Piroppi:20171120163540j:image

▲焼いてみた

これくらいで、赤い部分が残るくらいがベスト。

じんわりと肉汁が出てきて甘い。

本当に甘い。なんかこう、肉なんだけど砂糖の甘さではない口にしっとりと残る甘さ。

※案の定お腹壊しました。

全部は記入できていませんが、結論からいうとやはり間違いない美味しさです。

もう一つの温泉『立湯』

家族湯以外にも温泉はもちろんあります。

九州ではここしかないという立湯。

家族湯と同じく見晴らしは良し、広々としており、より大自然に囲まれてます。 

f:id:Piroppi:20171120173958j:image

▲木々に囲まれていて一面緑

f:id:Piroppi:20171120174047j:image

▲打たせ湯もあります

f:id:Piroppi:20171120174131j:image

▲長方形のお風呂が立湯

f:id:Piroppi:20171120174231j:image

▲深さ1.6mらしく本当に深い

 身長が175cmある私ですが、口元まで親がきます。

つま先立ちして浸かっていましたが、気分は温水プールです。

棚に腕を乗せ、全身伸ばすこともできるのでリラックスすることもできます。

つまり身長は関係無しです。

朝食

休みの日って限って朝早く起きれます。

特に旅館に泊まったときはだいたい6時には起きてます。

朝ゆっくりお風呂に入れるし、景色眺めてくつろげるし。

この思考はいよいよおっさん化が進んでるのかもしれません。

 

さて、朝食ですが朝食もすごいです。

とにかく美味しい。

f:id:Piroppi:20171120184059j:image

▲小鉢の品々

f:id:Piroppi:20171120192004j:image

▲焼き味噌

f:id:Piroppi:20171120184256j:image

▲湯豆腐

f:id:Piroppi:20171120184317j:image

▲青汁

ご飯大好きな私としてはどれも最高の品々。

焼き味噌はこの量でもご飯二杯はいけます。

糖質気にしてましたが、そっちのけでかつれたようにいただきました。

ちなみに最後に載せた青汁ですが、青汁は小松菜とリンゴと蜂蜜を使っていて特別な調味料は不使用とのこと。

飲みやすく、ジュースのような感覚。

昔飲んだ青汁なんて不味いのが当たり前だったんですが…。

 

と、まぁそんなこんなで駆け足ながら少しづつ思い出してみましたけど、振り返るといい思い出です。

人間は物を買って満足するのではなく、体験して満足する生き物だと聞いています。

みなさんも時間とお金の余裕があったら是非旅行に行かれてみてはいかがでしょうか?

熊本旅行3日目(朝食まで…)

長々と旅行記を書きましたがこれで熊本旅行記は最後となります。

先月のこの頃は寂しかったのでしょうが、今となってはもう寂しいどころじゃなく仕事を辞めてでも戻りたいレベル(ぉぃ

とは言っても辛い時期があるからこそ、こういう特別な時間はよりきらめくのでしょう。

旅行行って『さあ、仕事頑張ろう!!』的な人に憧れます。

ではでは本題に。

今回の内容としまして、基本的に朝食のみです(殴

では、さっそく。

朝風呂〜朝食

この日朝だいたい7時くらいに起きたのですが、まさかの雪!?

f:id:Piroppi:20170422014244j:image

前日は雨が降っていたのですが、標高が高いということもあり気温が低かったのでしょう。

3月末でありながらも気温は1月か2月くらいの寒さ。

寒さのあまりに目も覚めましたが朝風呂もより気持ち良く感じることができました。

f:id:Piroppi:20170422014621j:image

深い霧とこの風情ある屋根がなかなか幻想的。

内心積もるレベルの雪じゃなくて助かりました。

ちなみに旅館の方にとってもこの時期の雪は珍しいとのこと。

一風呂浴びたところでお腹が空いていたのですが、妻は相変わらずの爆睡具合。

確かに布団気持ちいいし寝心地最高だったのでしょう。そして、しばらく待ってからの朝食に。

f:id:Piroppi:20170422015849j:image

はい、朝から豪勢です。

とは言ったものの重いものが無く、案外男の私にはペロリといけました。

個人的に旅館の朝食は塩サバや昆布、納豆などご飯に合うおかずが出てくるということもありいつも楽しみにしています。

こういうところが多分太る原因なんでしょう。大変おいしくいただきました。

 

はい、ここまでです。

 

…。次こそはきちんと内容を書きます。